Biography

Marina Tanaka

born in 1985 in Tokyo, Japan.
Her artistic background is basically on musical composition: classical music from the age of 2 years, contemporary jazz by maestro Akihiko Matsui, computer music by prof. Toru Iwatake at University of Keio. She realizes sound installations from 2 points of view: new media studies learned in the master course at Tokyo University of the Arts, and theatre studies elaborated at Bologna University in Italy, where she wrote the thesis on the sound dramaturgy in the contemporary art scene under the supervision of prof. Enrico Pitozzi. From 2016, for 2 years, she developed the sound installation related to the technology at Italian University, la Scuola Superiore Sant’Anna in Pisa, in, Art, Cultural Heritage and Education group of Perceptual Robotics Laboratory. Her sound installation work is like the sound theatre that is just like a theatre, but without any actors, realized only by voices, electronic sound, music and recorded noise.

田中麻里奈

1985年 東京生まれ。サウンドアーティスト。作曲家。現代美術家。

音が装飾的に付けられた映像や舞台に疑問を持ち、音の表現の可能性やそれを引き出す空間や視覚的表現について、インスタレーションやパフォーマンス、映像といった形での作品制作に取り組んでいる。

幼い頃から音楽と美術に親しむ。2歳からピアノと歌、バレエを習い、5歳でNHK東京放送児童合唱団に入団。NHK交響楽団やその他オーケストラとのコンサートに出演、その他、レコーディングなどを経験する。7歳でピアノの作曲を初め、14歳で中学校の卒業式の歌を作る。15歳でエレクトーンの東関東大会に出場、音楽のアレンジや作曲を行い、ピアノ以外の音にも触れ合う。

後に、岩竹徹氏の元でコンピューターミュージックを、松井秋彦氏の元でコンテンポラリージャズの作曲法を習得する。

東京藝術大学大学院映像研究科修了。何かを伝えるすべての媒体をメディアと捉える教育環境において、サウンドをひとつのメディアと捉え、現代芸術の視点から、インスタレーションとして展開する研究を実践。空間と音の関係性、映像と音の関係性をテーマに、作品制作を行う。
2011年、経団連国際教育交流財団 海外留学奨学生としてイタリアボローニャ大学大学院芸術学研究科舞台芸術学に留学し2013年に修了。舞台芸術学に沿って演劇史、舞台芸術史を学び、同時に舞台での音の作られ方と音を聞くための空間制作(舞台美術)を研究する。修士論文では、作曲家によってつくられた音を中心に作られた演劇「音の演劇」に着目し、論文「音のドラマトゥルギー」を発表。音のドラマトゥルクが音の空間をつくる課程を4つの段階に分析した。

特に影響を受けたアーティストは、ビル・ヴィオラ(Bill Viola)、ハイナー・ゲッベルス(Heiner Goebbels)、キアラ・グイーディ(Chiara Guidi)、アンリ・サラ(Anri Sala)やスーザン・フィリップス(Susan Philipsz)である。

2018年11月まで、公益財団法人野村財団美術部門の助成を受け、イタリア サンターナ大学院大学 (Scuola Superiore Sant ‘Anna) PERCRO研究 (Perceptual Robotics Laboratory) のACE (Art, Cultural Heritage and Education) グループに在籍し、美術と舞台の両方の分野で制作を行う。

現在は、芸術家としてサウンドインスタレーションを展示する他、イタリアの国立美術館のサウンドスケープ事業、ニューヨークの3大陸をつなぐレストランのサウンドプロジェクト、ヨーロッパ大手自動車メーカーのサウンドデザインなどを請け負い、活動の場を広げている。

Marina Tanaka

Sono nata a Tokyo nel 1985.
Da quando ero piccola ho iniziato a creare opere visuali ed a suonare. Ho imparato la musica classica e l’arrangiamento. La mia musica nasce sempre dall’immagine.
Ho studiato all’accademia di Tokyo nel facoltà di Nuovi Media e al DAMS teatro di Bologna, sviluppando la drammaturgia sonora, lavorando sul collegamento fra visione e udito. Ho realizzato installazioni e mostre di arte contemporanea presso varie gallerie sia a Tokyo che a Bologna.
Nel mio lavoro immagine e suono sono imprescindibili.